先週末に新宿の京王プラザホテルで開催された第4回Liquid Biopsy(LB)研究会は、朝早いセミナーにもかかわらず会場は満席、250人以上の参加者が熱心に講演に聞き入っておりました。侵襲性の少ないLBは癌診療や癌治療を変革するという熱気に圧倒されてしまいました。極めて限局的な情報しか得られなかったバイオプシーに比較して、採血だけで患者の癌の状態を知ることができるLBは、癌の個の医療や新しいダイナミックな癌治療戦略を展開する強力な武器として脚光を浴びてきたのです。



◎関連記事

我が国初のリキッドバイオプシー検査キットの正体

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/18/00150/?ST=wm

認可目前のリキッドバイオプシーは何を変えるのか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/12/21/00143/?ST=wm

リキッドバイオプシーの致命的欠陥解決に見えた光

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/10/07/00105/?ST=wm

Bigファーマが実用化目前の癌リキッドバイオプシーの縁の下の力持ち

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/07/25/00081/?ST=wm

癌ゲノム医療のプラットフォームFOCdxの正体

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/26/00400/?ST=wm

悩ましいTMB(腫瘍遺伝子変異量)の解釈、オプジーボ適用の切り札に?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/01/22/00414/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)