前回のメールで、今年のバイオを占いました。しかし、時間切れで残念なことに論じ損なった重要な動きを、今回のメールで補足したいと思います。GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)などインターネットや人工知能(AI)のプラットフォーマーが医療や創薬に参入する動きです。先手を打って、こうしたプラットフォーマーに対抗する創薬プラットフォームの構築に走ったのがスイスRocheグループ(下記の参考記事参照)でした。一方、スイスのもう1つのビッグファーマであるNovartis社が、満を持して大手プラットフォーマーと手を組んで、本格的に医薬産業のデジタルトランスフォーメーション(デジタル革命)に着手しました。今年のバイオ産業変化の基軸は間違いなくICT/AI/ビッグデータによる業態改革になりそうです。

◎関連記事

再び変身に踏み出したRoche Pharma社CEOの深慮遠謀

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/19/00398/?ST=wm

今年のバイオを占う(1)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/09/00542/?ST=wm

今年のバイオを占う(2)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/10/00543/?ST=wm

RWデータは新薬申請にもう活用されていた!

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/02/13/00421/?ST=wm

医療・医薬で産業革命を引き起こすRWデータの中身

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/02/08/00420/?ST=wm

癌ゲノム医療のプラットフォームFOCdxの正体

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/26/00400/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)