どうやら米国とイランの戦争は避けられそうなムードとなってきました。ホッと安堵しております。今回は前回に引き続き今年のバイオを占いたいと考えています。前回のメール「今年のバイオを占う(1)」も併せてお読み願います。

◎関連記事

今年のバイオを占う(1)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/09/00542/?ST=wm

2019年、製薬産業と医療を襲うモダリティ革命

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/01/11/00412/?ST=wm

これが今年のバイオを突き動かす巨大エンジン

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/01/04/00296/?ST=wm

これをしなければ明日は来ない、バイオのメガ潮流(上)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/06/00146/?ST=wm

これをしなければ明日は来ない、バイオのメガ潮流(下、完結)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/11/00147/?ST=wm

今年のバイオ産業を脅かす3つの波乱要因

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/04/00145/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)