再生医療の実用化が進展してきた結果、分かってきたことがあります。血球細胞を除き、細胞は1人では生きていけないということです。現在、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と大日本住友製薬がパーキンソン病患者に対して、他家iPS細胞由来のドパミン神経の前駆細胞の治験を行っていますが、細胞塊を脳に移植していることが、那覇市で2019年11月22日に開催された第7回細胞凝集研究会で明らかにされました。今後の再生医療ではいかに細胞塊を、そして最終的には臓器をデザインするかが重要テーマとなってきたのです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)