【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、ゲノム編集治療に新たなリスク

(2019.11.07 08:00)1pt
宮田満

 台風崩れの豪雨の中、2019年10月25日、国立がん研究センターで開催された第6回日本細胞外小胞学会は刺激的でした。1年前までエクソソームと呼んでいた研究者が、命名規則が変わり「細胞外小胞(EV)」と口ごもっているのも面白かったのですが、国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター毒性部第五室の小野隆一室長の講演が際立ちました。ゲノム編集の安全性研究からEVを介した遺伝子水平伝達にまで研究を突出させていたのです。ゲノム編集技術の新たなリスクと哺乳類の進化の謎という両極端な真実に迫っています。今回はまずゲノム編集の新たなリスクを論じます。



◎関連記事

エクソソームの憂鬱

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/11/05/00526/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧