【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、ゲノム編集食品実用化目前、医療より先行するリスク

(2019.10.08 08:00)1pt
宮田満

 ゲノム編集技術で開発された農作物の届け出が今月から我が国でも始まりました。海外からワキシーコーン、そして国内からはGABAトマトなどの届け出がありそうです。もうゲノム編集技術が食卓に上るのも秒読み段階です。しかし、これが市民の理解を得てすんなりと進むかは、今後の動向次第です。ゲノム編集が本当に皆さんの幸福に貢献できるか? より説得力のあるのは医療での進展です。この技術は我が国にとっても非常に大切な技術なので、科学者と市民の認識ギャップで開発が遅滞することのないように、まず、医療での現在の進展を皆さんと共有したいと考えました。組換え農産物最大の輸入国が市民の理解が得られず、組換え農産物(花卉を除き)を栽培できないという惨状を繰り返してはなりません。



◎参考記事

明日突入するゲノム編集治療時代

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/07/30/00500/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧