【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、鶴岡の奇跡を支える200億円投資はペイする

(2019.07.23 08:00)1pt
宮田満

 鶴岡市に滞在しています。鶴岡サイエンスパークの経済波及効果のリポートの取材です。2001年に鶴岡市の美田に慶應義塾先端生命科学研究所が立地して、18年間にメタボロームという技術突破を中核に発展、世界中からタレントを吸引した結果、今ではメタボロームに加えたBrewed Protein、合成生物学、人工知能のバイオ応用の拠点としても成長しつつあります。では、いったい鶴岡のバイオの奇跡が、どれだけの経済波及効果をもたらしたのか? 鶴岡市が山形銀行に依頼して行っていた調査報告が、このたび、鶴岡市のウェブサイトで公開されました。イノベーションによる地域創生の先端を走る鶴岡から学ぶべきものは実に多かったのです。



◎参考記事

定点観測Spiber、来月第一号商品発売、幼年期との決別

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/07/09/00494/?ST=wm

定点観測、スパイバー(3)、合成生物学の開発の狼煙

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/10/29/00391/?ST=wm

なぜ、損害保険ジャパンは鶴岡に研究ラボを開設するのか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/03/12/00318/?ST=wm

鶴岡から始まったイノベーション、QUMONOS工場の操業

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131202/172646/?ST=wm

鶴岡におけるメタボローム解析能力

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0205/?ST=wm

2007/04/09 RANKING MAIL 第972号

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0013/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧