【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、米国で再燃したCARTバブル、今こそ冷静に

(2019.07.04 08:00)1pt
宮田満

 米国では今やキメラ抗原受容体T(CART)細胞への投資がバブルになりました。2019年7月1日、米Stanford大学からスピンアウトした米Century Therapeutics社は最初の資金調達(シリーズA)で2億5000万ドルを集めて注目を浴びましたが、実はこれは決して高騰した訳でなく、CART細胞を開発しているベンチャーの相場に過ぎません。金余りの米国では理不尽な投資が行われるようになっています。2018年米国でのCART細胞の売り上げ「Kymriah」は7600万ドル(日本ではピーク時76億円の見込み)、「Yescarta」は2億1600万ドルでした。売り上げを上回る投資はバブルの兆しといって間違いないでしょう。警戒が必要です。



◎参考記事・記者発表

https://www.centurytherapeutics.com/media/downloads/Century-Launch-PR_7.1.19_FINAL3.pdf





 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧