【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、遺伝子治療は実用化第2期に突入した

(2019.07.02 08:00)1pt
宮田満

 先週末は雨も降ったので、久しぶりに部屋にこもり、今週金曜日のファーマラボEXPOでの講演の準備に集中しました。その結果、私の予想をはるかに上回る勢いで、遺伝子治療の実用化が進展しつつあることに気付かされました。現時点で、世界市場には15種の遺伝子治療薬が上市されていました。米食品医薬品局(FDA)は2年前に、「2022年までに40製品の遺伝子治療薬が誕生する」と予測しており、当時はあまりに楽観的だと誤解しておりました。しかし、今の勢いを見るとまんざらウソでもありません。なぜ、遺伝子治療の開発にビッグファーマやバイオベンチャーが殺到して、わが国の製薬企業も雪崩込んで来たのか? その現状と理由をお伝えいたします。



◎参考記事

世界初の遺伝子治療ブロックバスターを受け入れる条件

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/05/27/00480/?ST=wm

「強いがさっぱり」vs.「弱いがしつこい」、どっちが究極のCART?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/05/22/00479/?ST=wm

43年ぶりのバイオ規制大緩和に踏み切る米国

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/04/26/00474/?ST=wm

希少疾患治療の三種の神器

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/12/19/00408/?ST=wm

米国では遺伝子治療が治験申請数で再生医療を逆転

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/09/14/00378/?ST=wm

遺伝子治療開発意欲を削ぐカルタヘナ審査

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/23/00369/?ST=wm

周回遅れの我が国遺伝子治療の生きる道

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/06/00365/?ST=wm

遺伝子治療ブームをけん引するAAVの落とし穴

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/01/00364/?ST=wm

天才Feng Zhang氏の第2、第3のゲノム編集ベンチャーの狙い

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/07/11/00358/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧