現在(2019年6月10日)、LINK-Jで開催されている「がん医療のイノベーション」の取材をしています。耳で驚くような発表を聞きながら、このメールを書いております。今回のシンポは現在、我が国で開発が進んでいる先端の癌医療がずらりと揃えっております。6月1日に癌遺伝子パネルが保険収載されて、わが国でも本格的な癌ゲノム医療が始まっておりますが、既に現場では混乱が起こっております。今日は時間もないので短く、このシンポの楽屋裏で聞こえてきた話をお伝えいたしましょう。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)