【日経バイオテクONLINE Vol.3104】

Mmの憂鬱、中分子医薬は歴史の必然、もう誰も避けられない

(2019.02.19 08:00)1pt
宮田満

 先週の金曜日のバイオファイナンスギルド(バイオのライセンスと投資家の勉強会)のテーマは中分子薬でした。このテーマは初めて取り上げました。東京大学の菅教授とペプチドリームの舛屋副社長、そして将来、中分子が直面するバイオアベイラビリティーの壁を超越するために必要な糖鎖結合技術を持つ、糖鎖工学研究所の朝井社長が講師として参加する豪華なラインアップとなりました。議論は白熱化しましたが、この勉強会は他言無用の完全クローズドなので、今回は私がこのセミナーのためにまとめた、中分子薬の現状と問題に絞って述べたいと思います。本当に中分子医薬の時代がやって来ようとしています。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧