【日経バイオテクONLINE Vol.3064】

Mmの憂鬱、皮肉にも我が国に産業革新を導く、産業革新投資機構の崩壊

(2018.12.11 11:00)1pt
宮田満

 官民ファンド(事実上は官製ファンド)のエース的存在として2018年9月に創成された産業革新投資機構の社長以下9人の経営陣(社外取締役を含む)が2018年12月10日(昨日)退任を表明、混迷に陥りました。元Genentech社の成長ホルモンのプロマネで、その後、いくつかのバイオベンチャーの役員を経て、ベンチャーキャピタルに転じた金子恭規副社長も産業革新投資機構を辞任しました。実は、こうなることはある程度避けられない運命だったのかもしれません。今回のメールでその理由を解析したいと思います。バイオベンチャーのような高度なリスクを取る資金源として、やっぱり官製ファンドには無理がありました。

◎関連記事

政府の施策も空振る、我が国のバイオベンチャー市場の欠陥

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/01/28/00013/?ST=?ST=wm

日本人の全ゲノムシーケンスが年内にも発表される勢い

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0325/?ST=wm

我が国の産業革新機構とは対極にあるイスラエルのバイオ産業テコ入れ計画

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0352/?ST=wm

周回遅れでバイオエコノミーに腰を上げたCSTI

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/12/27/00295/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧