【日経バイオテクONLINE Vol.3059】

Mmの憂鬱、医療そのものを変革する集団ゲノムプロジェクト

(2018.12.04 17:00)1pt
宮田満

 韓国・ソウルで開催された2018 Bio Innovative Growth Convention、パネルディスカッションのテーマはゲノムコホートでした。私の左手には500万人の全ゲノム解読に挑む英Genomic England、そして右手には2年前から国家Precision Medicineプログラムを始めたシンガポールの代表、そして司会は現在100万人ゲノム計画を立案中の韓国の政府研究機関の所長でした。我が国は今年度末から癌ゲノム医療が始まっているとはしゃいでいますが、世界の潮流は全く違っていました。彼らは全ゲノム解析を通じて、医療そのものの近代化を目指していました。我が国の癌ゲノム医療が、レガシーの医療制度の単なる付加物として展開されているのとは雲泥の差です。厚生労働省も内閣官房も、首相から言われたから実施するという受け身ではなく、もっと大きなゲノム医療、精密医療の絵を描き、世界が21世紀の医療改革を進めている流れに乗らなくてはなりません。感染症という全国民がほぼ等しい疾患リスクと医療アクセスに重点を置いた国民皆保険下でゲノム医療を展開するのではなく、ゲノム医療で国民皆保険制度の刷新を狙わなくてはならないのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧