【日経バイオテクONLINE Vol.3040】

Mmの憂鬱、抗体医薬実用化の第2の波は2018年も健在

(2018.11.13 08:00)1pt
宮田満

 さて、ここで皆さんに質問です。全世界で現在までに何製品(バイオシミラーを除く)の抗体医薬が製造販売認可を受けたでしょうか? そして今年1月から11月までの1年間に何件の抗体医薬が認可を受けましたか? これらの質問は、2015年から始まった抗体医薬の第2の波が今年も隆盛を示したかを判断する試金石となります。さて、答えはいかがでしょう?

◎参考記事

抗体医薬の実用化が止まらない

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/03/15/00319/?ST=wm

大型抗体新薬の第2の波が来る、あなたの会社は大丈夫か?

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150910/187313/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧