【日経バイオテクONLINE Vol.3016】

Mmの憂鬱、祝ノーベル賞、2つ目も狙う本庶特別教授の秘蔵っ子テーマ

(2018.10.02 12:30)1pt
宮田満

 京都大学高等研究院の本庶佑特別教授が、2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選ばれました。初めて癌患者の延命を可能にし、既に全世界で昨年1兆円の売り上げを実現した抗PD1抗体を生んだ研究を本庶特別教授は行いました。まさに、来るべきものが来たという受賞です。しかも、免疫チェックポイントとしてはPD1に並ぶ、CTLA4を発見し、抗CTLA4抗体という癌免疫療法のパイオニア新薬を生み出した米MD Anderson Cancer CenterのJames P. Allison教授との共同受賞です。免疫を負に制御している免疫チェックポイント阻害薬による、画期的な抗癌剤の開発が受賞の理由でした。実は、この日が来ることに備えて抗PD1抗体開発談(日本のイノベーター)の取材を3年前から進めていました。ただ、最後の取材として小野薬品工業側で開発を粘り強く進めた担当者のアポイントがまだ入らず、皆さんに記事をお届けすることができません。ぜひとも、小野薬品には取材に速やかに応じていただきたいと、紙面を借りてお願いいたします。ご連絡をお待ちします。さて、ところで、本庶特別教授はさらにもう1つノーベル賞を取る可能性が残されていることを、皆さんはご存じでしたか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧