米(NCI)の2020年度予算申請が、2018年9月25日に発表されました。Trump大統領になって、軍事費優先で連邦政府予算の研究費確保に逆風が吹いていますが、NCIの予算申請を見る限り、63億2700万ドルと2018年度の執行予算に比べ6億6200万ドルも上乗せしており、一見順調に見えます。でも精査すると、別のところで逆風が吹いておりました。最大の増額は、癌新薬の臨床試験の研究費であり、いよいよ癌との戦いも最終段階に入り、次の癌予防へと向かう兆しも出てまいりました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)