【日経バイオテクONLINE Vol.3009】

Mmの憂鬱、ゲノム医療で変わる患者と創薬

(2018.09.20 08:00)1pt
宮田満

 現在、日本医療研究開発機構(AMED)がスポンサーしたELSIのセッションを取材しながら、このメールを書いています。前回の学会でのアンケートで、約70%の参加者がELSIを知らなかったことに衝撃を受けたAMEDが、編成したセッションです。ばたばたしていますので、今回のメールでは短く、先週びっくりしたことをお知らせいたします。オミクス解析によって、疾患概念が急速に変化しつつあることは今まで報じてきましたが、なんと患者団体も米国では急速に変貌していました。患者/顧客がここまで変わるのですから、医療や新薬開発も大きく変わらざるを得ないのです。

◎参考記事

FDAが疾病概念の変更を承認、抗癌剤開発新時代

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/06/19/00233/?ST=wm

個別化する分子標的薬、BMの変革不可避に

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/05/01/00201/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧