先週の土曜日に、酷暑の名古屋を取材で訪れました。初耳でしたが、“ど真ん中祭り”が開催されている市内は全国から押し寄せた踊り手でごった返しておりました。私の目的はこれではなく、第58回日本臨床化学会のリキッド・バイオプシーの取材でした。この技術は間違いなく、医療を変える技術です。ですが、我が国のリキッド・バイオプシーの第1号製品「Cobas EGFR Mutation Test v.2.0」(以降、Cobas EGFR)は悲劇的な運命に翻弄されていました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)