【日経バイオテクONLINE Vol.2981】

Wmの憂鬱、周回遅れの我が国遺伝子治療の生きる道

(2018.08.07 08:00)1pt
宮田満

 遺伝子治療は間違いなく、ポスト抗体薬の一翼を担う。7月26日から東京で開催された日本遺伝子細胞治療学会の会場でこう確信しましたが、同時に、我が国が既に1周遅れであることも痛感せざるを得ませんでした。これをどう突破したらよいのでしょうか? 真っ暗なトンネルの中に2筋の光が見えてきました。今日は良いことがあったので、余計その光をまぶしく感じました。

◎参考記事

遺伝子治療ブームをけん引するAAVの落とし穴

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/01/00364/?ST=wm

遺伝子治療を変えたAAVに強力なライバル出現

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/02/09/00309/?ST=wm

米国で初の遺伝子治療認可、AAVベクター旋風始まる

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/12/20/00293/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧