印刷する

閉じる

【日経バイオテクONLINE Vol.2902】

Wmの憂鬱、EBMの終焉、高齢肺癌患者の治療は本当に無駄なのか?

(2018.04.12 08:00)1pt
宮田満

 Evidence Based Medicine(EBM)と言いますが、いかにこれが臨床の現場から乖離(かいり)しているのか? 2018年4月4日に日本肺癌学会が開催した第19回肺がん医療向上委員会のセミナーで学びました。二重盲検(RCT)至上主義のEBMでは我々を救えないのです。早急にリアルワールドデータに基づいた、Big-Data Based Medicine(BBM)に我が国の医療も向かわなくてはなりません。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み