神戸の理化学研究所の高橋政代先生が先駆けとなった、他家iPS細胞由来の再生医療の臨床研究が続々と年内に始まろうとしています。来月にも、第2の他家iPS細胞由来の再生医療の臨床研究が厚生労働省に申請される見込みです。この臨床試験の最大の問題の解決は、皮肉なことに免疫抑制剤の適正使用が鍵を握っていました。



◎参考記事

自他自。他家移植だけが再生医療ビジネスの未来ではない

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150511/184540/?ST=wm

進化する他家iPS細胞再生医療の2つの頸木

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/11/01/00277/?ST=wm

他家iPS細胞臨床研究で何が起こったのか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)