【日経バイオテクONLINE Vol.2863】

Wmの憂鬱、再生医療の実用化成否を握る移植細胞数

(2018.02.15 08:00)1pt
宮田満

 今晩はこれから、慶應義塾大学病院の特定認定再生医療等委員会に出席します。関西の理化学研究所や大阪大学と並び、関東ではiPS細胞の臨床応用の一番乗りとなる病院です。あしき前例を残さぬように、十分そして、迅速な審議を進めたいと願っております。ところで皆さん、一口に再生医療と言いますが、一体どれほどの数の細胞を患者さんに移植するか、ご存じでしょうか? 実はこの移植細胞数が、再生医療の安全性やコストの決定要因であり、実用化のスピードの目安となるものなのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧