我が国では、iPS細胞ストックを利用した網膜色素上皮細胞懸濁液の臨床研究で、手術が必要な副作用が生じたことが最近注目を浴びましたが、海外では世界初のiPS細胞由来の中胚葉性幹細胞(間葉系幹細胞)の研究が、一足先に着々と進行、臨床治験フェーズIの第2段階に入りました。

◎参考記事

他家iPS細胞臨床研究で何が起こったのか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/01/17/00300/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)