【日経バイオテクONLINE Vol.2844】

Wmの憂鬱、他家iPS細胞臨床研究で何が起こったのか?

(2018.01.18 10:30)1pt
宮田満

 前回のメールでは米Spark Therapeutics社の株価暴落の記事を書きましたが、今回も我が国バイオベンチャー企業、ヘリオスの株価が2018年1月17日に約10%弱暴落したニュースをお伝えしなくてはなりません。同日中に同社の株は前日の終値まで買い戻されました。理化学研究所の広報(記者会見)が奏功しました。一時暴落した原因は1月16日に、同社と提携し世界初の他家iPS細胞の臨床研究を進めている神戸の理研のグループが、患者の網膜に浮腫が発生、外科処置をしたことを発表したためです。世界が注目する他家iPS細胞臨床研究で何が起こったのか?

◎参考記事

米国初の遺伝子治療薬「Luxturna」で市場が暴落した理由

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/01/15/00299/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧