年始年末は毎年太平洋を望む町で、テニスと温泉三昧、ひたすらボーッとして、昨年まで脳内にたまった情報のあかをこそげ落とす作業を行っております。真っ白な脳で新年に臨むためです。思い込みや錯誤を洗い流し、素直な目でバイオ産業が向かうべき方向を模索いたしました。今年、思い至ったのはバイオテクノロジーと社会変革を突き動かす巨大なエンジンの存在でした。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)