総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)バイオ戦略検討ワーキンググループの第1回会合が昨日、開催されました。私もワーキンググループの末席を汚しております。今回の主題はバイオエコノミー。もともと、今回のワーキンググループは農林水産省と経済産業省の働き掛けで実現したものです。皆さんには耳慣れぬ言葉でしょうが、今から6ー8年前から欧米では、持続可能な循環型経済をバイオと周辺技術の融合によって実現しようというバイオエコノミーの概念が誕生しています。これに最近では発展途上国の飢餓・栄養失調と先進国の肥満を合わせて、食料と健康問題も加えて、より健全で持続的社会を構築、しかも経済成長を実現しようという極めて、盛りだくさんなバイオエコノミー計画が誕生しつつあります。経済協力開発機構(OECD)の「The Bioeconomy to 2030: designing a policy agenda」(2009)、米国の「National Bioeconomy Blueprint」(2012)、ECの「Horizon 2020」(2011)など、立て続けにバイオエコノミーを提唱する報告書が発表されています。しかし、残念ながら我が国政府は今まで全くバイオエコノミーに取り組んでおらず、また世界に1周遅れで、昨日やっと重い腰を上げたのです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。



※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)