米食品医薬品局(FDA)もやるものです。2017年12月19日に、米国初の遺伝子治療薬を認可しました。クリスマスシーズンの最高のプレゼントとなりました。欧州では既に4つの遺伝子治療薬が認可されています。ようやく、米国でも遺伝子治療実用化時代が開幕したのです。しかも、この遺伝子治療は患者の視覚を回復する治療効果があります。再生医療は遺伝子治療という強力なライバルを意識して、開発計画を練り直さなくてはなりません。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)