現在、日本橋の三井ホールでLINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク)が主催する「AI×Life Science」のシンポジウムを取材しております。これが大変面白い。間違いなく人工知能(AI)がバイオテクノロジーを変革するという肉体感覚を得ました。ただ実験だけ真面目にやっている伝統的な研究者は、AIを使いこなせるかどうかで、その研究者人生の幸福が決まる時代に突入したのです。

あなたは、本当に大丈夫ですか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)