2017年4月28日に米国でコンパニオン診断薬と癌分子標的薬の同時承認が再び行われました。もはや個の医療化無しには、分子標的薬が商業化される可能性は極めて限定的になりました。しかも、今回米食品医薬品局(FDA)は2つの適応疾患を指定しており、あたかも標的となった突然変異遺伝子関連疾患を包括的に認可した格好です。疾患概念すらCausativeに変わりつつあるのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)