富山化学工業・富士フイルムが開発したRNA依存RNAポリメラーゼ阻害薬「アビガン」(ファビピラビル)の国家備蓄がとうとう先月決まりました。既に4万7000人分のアビガンの買い付けも行われました。我が国発の医療イノベーションがとうとう売り上げにつながりました。また、アビガンは1錠も市販されておらず、国家備蓄とリビア政府に贈与された国家買い上げだけが売り上げです。新興再興感染症や多剤耐性菌に対する治療薬などを開発するインセンティブとして国家備蓄の重要性に注目しました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)