【日経バイオテクONLINE Vol.2642】

Wmの憂鬱、認知症ソリューション事業、エーザイが渡ったルビコン川

(2017.03.16 08:00)1pt
宮田満

 「これからエーザイはMEDICO SOCIETAL INNOVATORになる」(内藤晴夫最高経営責任者、CEO)

 前回のメールで本日のお楽しみとしたエーザイの認知症に対するビジネスモデルの革新を、この言葉が象徴しています。これからは私の推測・仮説ですが、エーザイは認知症に対するシステムインテグレーターになろうとしているのではないか、と思っております。4月に取材して検証するつもりです。新薬開発のリスクが高まった今、患者にソリューションを提供する新しいビジネスモデルに製薬企業は挑戦せざるを得ないのです。エーザイの変身に製薬企業の未来を見ました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧