【日経バイオテクONLINE Vol.2607】

Wmの憂鬱、赤字垂れ流しの再生医療をロート製薬自動培養装置は再生できるのか?

(2017.01.26 08:00)1pt
宮田満

 法改正以来、再生医療で我が国には熱いブームが起こっておりますが、ここは冷静にならなくてはなりません。なぜなら、現在、旧薬事法と改正薬事法(薬機法)によって、「ジェイス」、「ジャック」、「テムセル」、「ハートシート」の4種類の再生医療製品が我が国で実用化されていますが、製造メーカーに聞くと、高薬価にも関わらず、いずれも渋い顔です。実際に赤字に悩んでいました。「ジャック」を除いて、短期的には利益を確保し投資を回収するめどさえ立っていないのが現実です。革新技術だからしょうがないという声も聴かれますが、市場が拡大すれば利益が上がるというビールのようなビジネスモデルはまだ再生医療には到底当てはまりません。その最大の理由は、工業的な製造技術の確立がまだできていないことです。ロート製薬が再生医療に参入、商業化を目指した製造技術革新を進めています。2017年1月20日、ロート製薬のリサーチビレッジで披露された我が国初の「自動細胞培養・保管システム」に、再生医療赤字垂れ流し解消のつぼを探りました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧