【訂正20161209】当初、記事中で日本イーライリリーの抗ヒトIL17A抗体「トルツ」(イキセキズマブ)を未発売としていましたが、同社は2016年11月21日に発売を開始していました。また、同社の抗ヒトVEGF2抗体「サイラムザ」(ラムシルマブ)は、2015年に発売が開始されたので一覧から削除しました。お詫びして訂正します。

 今年も年の瀬を迎え、2016年のバイオ業界の動きをレビューしています。今回のメールでは、2016年に日米で抗体医薬の開発がどう進んだのか?を分析いたします。意外な変化が起こっていました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)