内閣官房はとうとう薬剤耐性菌を減らす活動の応援大使としてタレントの篠田麻里子さんとJOYを11月29日に任命しました。なぜ、こんな努力までして薬剤耐性菌の克服を我が国の政府やG7各国は目指すのか? そこにはもはや市場原理に頼っていては新しい抗菌剤の開発ができなくなっている現状と、一方で猛烈なグローバリゼーションの結果、発展途上国や畜産や水産養殖などで発生した薬剤耐性菌のリスクが高まっているという新たな問題が存在していました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)