現在、東北・北海道新幹線に乗り、新青森、そして弘前へと急いでおります。今年は暖冬ですから、弘前城の紅葉もまだ残っていてほしいと願っておりますが、うまくいくでしょうか? さて、本日のメールは不明確さいっぱいのTrump新大統領政権下で米国の医療や製薬市場はどう変わるか? 精いっぱいのスペキュレーションを心掛けました。先週の火曜日(日本時間で)、Trump大統領が確定したときに日米欧の株価は暴落しましたが、皆さんは、米国のバイオベンチャーと製薬企業の株価だけは暴騰したことをご存じでしょうか? これこそ2017年のバイオ・医薬企業を占う前兆であると私は確信しています。下記のリンクより、1カ月のチャートをご覧願います。先週の8日からNASDAQのバイオ株インデックスが急上昇、そのまま高値を維持しています。

https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGHP_jaJP673JP673&q=Nasdaq+Biotechnology+Index&gws_rd=ssl

来年から始まるTrump新政権で予見される変化で、バイオ産業に大きな影響を与えることは大きく3つあります。もちろん、これから政権移譲プロセスが進行するにつれて、新しい要素も加わるとは思いますので、あくまでも暫定的な見解であることをお断りしなくてはなりません。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)