現在、新幹線で新大阪に向かっております。本日から武田科学財団が主催する国際セミナーの取材です。今回は「中分子薬」がメーンテーマです。この件は来週の月曜日のメールで報告いたします。さて、今朝、東京慈恵会医科大学で開催された第6回 国際協力遺伝病遺伝子治療フォーラムからのリポートです。昨年、フェーズIII臨床試験に成功、今年後半に米食品医薬品局(FDA)に製造販売申請する予定の遺伝子治療薬SPK-RPE65の臨床成績をSpark社のKathrine High科学最高責任者が発表したのです。なんと視覚が回復していたのです。iPS細胞による視覚再生医療の強力な、そして決定的に商業化で先行するライバルが現れました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)