第1回の定点観測は、スパイバーを取り上げます。この若き企業が、どんな技術突破をどう行おうとしているのか? 皆さんと情報を共有いたします。彼らと議論するとワクワクしてきます。例えば「宮田さん、MOON PARKを着て登山に行くと言いますが、それは危険です」とスパイバー代表の関山和秀社長は意外なことを言いました。極地用のMOON PARKで登山すると汗まみれになり、かえって体温を奪って凍傷になる可能性があるというのです。そうだとするとMOON PARKは日本でどう使えばよいのか? 私がうんうん言って思いついた用途は、北海道でのワカサギ釣り。釣りなら運動もせずじっとしていますので、極地用MOON PARKの出番です。2015年10月8日、ゴールドウィンと提携して、MOON PARKを発売することを発表した会見の記事もご参考に願います。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)