本来なら新春ののんびりした今年の予測など春めいた記事をお届けするべきですが、それは木曜日に譲り、昨年のクリスマスに決定されたゲノムは個人識別符号であり要配慮情報であるという政府見解によって、今年も我が国の官邸が旗を振るゲノム医療がどう変貌するのかをお伝えしなければなりません。必ずしも出来が良くない改正個人情報は、ゲノム医療の頸木(くびき)となるのか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)