先週、患者中心の創薬開発が、新薬の開発や育薬に決定的な役割を果たす胎動を感じました。これは大変な変化をもたらします。我が国の企業がいつまでも先生、先生と医師ばかり相手にしていると、足元から崩壊する可能性が出てきたのです。賢明な日本企業2社は既に米PatientsLikeMe(PLM)社と共同研究を始めていました。患者中心の創薬のインパクトをご紹介しましょう。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

 ※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)