化血研のGMP違反のその後

 「隠蔽(いんぺい)に関する報道を見た際は、正直、ここまでやるか、とあきれた」と埼玉医科大学病院輸血・細胞移植部の岡田義昭准教授は話す。岡田准教授は国立感染症研究所に所属していた1990年代後半から2000年代にかけて、厚生労働省や発足したばかりの医薬品医療機器総合機構(PMDA)の職員に同行して、専門家として化学及血清療法研究所(化血研)をはじめとした血液製剤を手掛ける各社に査察した経験を持つ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)