日経バイオテク7月25日号「キーパーソン インタビュー」

Meiji Seika ファルマ常務執行役員 吉光寺敏泰医薬研究本部長に聞く

宿主免疫狙い自己免疫と癌の創薬に着手、抗菌薬の研究開発にはインセンティブが必要
(2016.07.25 00:32)1pt
2016年07月25日号
久保田文

 明治製菓(現Meiji Seika ファルマ)は1946年、抗菌薬の製造・販売を皮切りに医薬品事業に参入した。現在は、先発医薬品と後発医薬品を両輪とし、先発品では中枢神経系疾患、感染症/アレルギー・免疫疾患、癌の治療薬を販売している。最近では、再生医療向けに研究用試薬の酵素を販売するなど新たな取り組みも始めた。Meiji Seika ファルマの研究開発戦略について、常務執行役員の吉光寺敏泰医薬研究本部長に聞いた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧