ドラッグリポジショニング

 1983年の心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)の心房細胞中での存在を指摘する報告はホルモン研究の世界では1つの事件だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)