日本医療研究開発機構の末松誠理事長に聞く

 2016年4月1日、日本医療研究開発機構(AMED)は発足から1周年を迎えた。研究者としての立場を離れ、慶應大学医学部長からAMEDに移った末松理事長は、研究費の機能的運用を可能にする環境作りを推進するとともに、調整費を使って「未診断疾患イニシアチブ」や「思春期および若年成人(AYA世代)の癌の本態解明と治療法の開発」、「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究」などを立ち上げた。何を考え、走って来たのか――。末松理事長に1年間を振り返ってもらった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)