ゲノム時代の天然物創薬

 北里研究所北里大学特別栄誉教授の大村智博士が「線虫感染症の新しい治療法の発見」で、2015年のノーベル生理学・医学賞を米Drew University名誉研究フェローのWilliam C. Campbell博士と共に受賞した。静岡県の土壌の放線菌から、寄生虫に有効な16員環マクロライド化合物エバーメクチン(分子量は887)を見いだした。以来、天然物創薬にあらためて注目が集まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)