日経バイオテク3月14日号「キーパーソン インタビュー」

協和発酵キリンの岡崎寛執行役員・研究開発本部副本部長に聞く

次に来る創薬技術は核酸医薬、標的持つ外部との連携も視野
(2016.03.14 00:03)1pt
2016年03月14日号
久保田文

 協和発酵キリンは2008年10月、抗体医薬の研究開発に長けた旧協和発酵工業と旧キリンファーマの合併により誕生した。キリンホールディングスの連結子会社であり、癌、腎、免疫・アレルギー、中枢神経を重点領域として抗体医薬や低分子薬の研究開発を進めている。2016年から2020年を実行期間とする新中期経営計画を2016年2月に策定し、低分子薬、抗体医薬に次ぐ第3の柱に核酸医薬を、第4の柱に再生医療を据えた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

キーパーソンキンタビューのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧