2016年記者の目

出てこい5000億円バイオベンチャー

(2016.01.03 05:14)
河野修己

 読者の皆さま、明けましておめでとうございます。今年、最初の原稿では、バイオベンチャーに焦点を当ててみます。

 2015年1月5日の日経BP・バイオINDEXは390.20でした。12月30日のINDEXは350.05だったので、1年間で約10%下落したことになります。

 民主党政権時代末期に100スレスレまでになっていたバイオINDEXは、京大・山中伸弥教授のノーベル賞受賞と安倍政権誕生による株価上昇で息を吹き返し、2013年5月8日には917.37を記録しました。しかし、その後は低落傾向が続いています。

 個別銘柄を見れば、昨年はちょっとした異変がありました。上場バイオベンチャーの時価総額ランキングでは、ごく短期間の例外を除いて、長らくタカラバイオがトップを守ってきました。同社は、試薬や健康食品の販売で安定して収益を上げているため、遺伝子治療分野などに先行投資していても黒字を維持しています。その点が、投資家に評価されてきました。

 しかし、昨年12月30日の時価総額ランキングでは、1位ペプチドリーム(2141億円)、2位そーせいグループ(1671億円)、3位ユーグレナ(1494億円)、4位タカラバイオ(1459億円)となりました。タカラバイオの上に3社もあるのは初めて事態でしょう。バイオベンチャーの成熟が進んだことを象徴しています。

 タカラバイオの時価総額の最高額は4543億円で、これが上場バイオベンチャーの最高額でもあります。まだ時価総額5000億円を達成したバイオベンチャーは無いということです。一方、米国にはAmgen社やGiliead社など時価総額10兆円を超えるバイオベンチャーが幾つも存在します。ここまではまだ遠いとしても、まずは2016年中に時価総額5000億円のバイオベンチャーが登場してほしいというのが、私の新春の願いです。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧