豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 広瀬侑 助教

 動物や植物、真正細菌などは、光を刺激として受容する受容体(光受容体)を持っている。例えば、光を視覚として認識するためのロドプシン、花芽形成や発芽の時期を計るためのフィトクロム、光の方向を感知するためのフォトトロピンなどがよく知られている。これらの光受容体は、生体内で様々な生理活性を起こすための「光スイッチ」として機能する。豊橋技術科学大学環境・生命工学系助教の広瀬侑は学生時代、真正細菌であるシアノバクテリアにおいて光合成に利用する色素蛋白質の発現量を制御する新規の光スイッチを同定し、そのシグナル伝達経路を解明した。シアノバクテリアが光合成で生産する炭素は、バイオ燃料やバイオマスの生産などに利用されることが期待されている。広瀬の発見は、効率よく光合成が行える新たなシアノバクテリアの創出につながる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)