iPS細胞に関して、京都大学の特許として米国で成立していないものがあるらしい――。iPS細胞に関する特許ファミリーのうち、基本特許は京都大を権利者として日本や米国などで成立している。基本特許とは、山中伸弥教授が同定した初期化因子の組み合わせや、初期化因子を導入するとiPS細胞が誘導されるという初期化の手法に関するものを指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)