パイプライン研究

アトピー性皮膚炎治療薬

いよいよ抗体医薬が誕生か、サイトカインを標的とした開発も相次ぐ
(2016.08.08 00:34)1pt
2016年08月08日号
伊藤勝彦

 2014年の国内の推定患者数は45万6000人で、小児における罹患率は10%を超える。炎症や痒みを抑制する抗体医薬の開発競争が激化しており、近く抗体医薬が初めて誕生する見込み。低分子化合物ではPDE4阻害薬の軟膏製剤の申請が米国で受理された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧