日経バイオテク8月8日号「機能性食材研究」(第32回)

ニガウリ(ゴーヤ)

(2016.08.08 00:35)1pt
2016年08月08日号
河田孝雄

 今回は、夏が旬のニガウリ(Momordica charantia L.)を取り上げる。和名はツルレイシ(蔓茘枝)。ウリ科のつる性の一年生草本植物で、未熟状態である緑の実を、野菜として食する(未熟で白い実もある)。ニガウリの実は完熟すると果皮が黄色になって裂開し、果実食の鳥を誘引して生育地域を広げる。日本では沖縄県や九州地域などで多く食用に栽培されている。沖縄地方での呼び名であるゴーヤまたはゴーヤーと呼ばれることも多い。原産地のインドや東南アジアでも食用にされている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧