日経バイオテク8月8日号「機能性食材研究」(第32回)

ニガウリ(ゴーヤ)

(2016.08.08 00:35)1pt
2016年08月08日号
河田孝雄

 今回は、夏が旬のニガウリ(Momordica charantia L.)を取り上げる。和名はツルレイシ(蔓茘枝)。ウリ科のつる性の一年生草本植物で、未熟状態である緑の実を、野菜として食する(未熟で白い実もある)。ニガウリの実は完熟すると果皮が黄色になって裂開し、果実食の鳥を誘引して生育地域を広げる。日本では沖縄県や九州地域などで多く食用に栽培されている。沖縄地方での呼び名であるゴーヤまたはゴーヤーと呼ばれることも多い。原産地のインドや東南アジアでも食用にされている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧